2019年11月01日

Linuxで遊ぶRemasteredでないBioshock

恐縮だが、そろそろXBOX360版のDLCを出してもらえないか。
VITA-CHAMBER縛りで難易度ハードのラスボス直前セーブデータ残してあるんですけど(´・ω・`)
そんなBioshockのPC版をSteamのハロウィンセールの時に買ってみた。

動作させるPCはいつもの産廃自作PC。
CPU: Core i5 750
MEM: DDR3-12800 4GBx2
GPU: Radeon HD 6770
OS : Fedora 31+Proton 4.2

Remasteredで試せよ、とか言うな、こんなゴミPCで動くと思うか。
ProtonDBを見る限りRemasteredも動くはず、しかしPCがこのザマでは試しようがない。
Protonは4.2を使用、4.11は現状鬼門でProtonDBでもあまりいい報告はない。
実際4.11ではCall of Duty: Modern Warfareが起動不能だった。

Bioshock
Linux上で動作しているBioshock

事前にソフトの起動オプションに、

PROTON_NO_D3D11=1 PROTON_NO_ESYNC=1 %command%

と、指定。
%command% -nointroと追加すると、起動時の諸々をすっ飛ばしてタイトル画面になります。

グラフィック設定はウィンドウモード、1024x768に変更した以外は初期状態のままである。
設定はHighが並ぶ重そうな状態なのだが、面白いことにGallium Nine不使用でも十分な性能が出ている。
ほとんどのところで60fps安定、落ちる時にはfpsは落ちるが30fpsを割ることは今のところ見受けられなかった。
Bioshockは意外と軽量なのかもしれない。
パフォーマンス的には非常に安定しているため、現状Gallium Nineは使用していない。
Gallium Nineも性能と引き換えのデメリットがあるので、使わないに越したことはない。

また日本語modも普通に動作する、上記のスクリーンショットは日本語modを入れた状態のもの。
横着してFlashMoviesディレクトリを上書きせずそのままコピーしたらファイル足らなくて起動しなくなったわな。
ちゃんと日本語mod内のFlashMoviesディレクトリをゲーム内の同ディレクトリに上書きしましょう。
しかし、有志翻訳のものと比べると、スパイク訳の「恐縮」は本当にうまい翻訳の仕方だったな、と。
サポートは超絶うんこだけどな。

しかし困ったこともあり、なにこれマウスが超ハイセンシ。
1センチくらいマウス動かしたら視界が1周する、まともに操作できないんだけど。
そこで設定ファイルいじってみる。
設定ファイルのありかは、

(Steamのインストール先)/steamapps/compatdata/7670/pfx/drive_c/users/steamuser/Application Data/Bioshock

上記ディレクトリの中にあるUser.ini。
とりあえず[Default]内のMouseX、MouseY末尾にある2500.0を500程度に落としてみたのだが、正直微妙。
しかもいまいち不安定。
もう少し頑張って色々設定変えてみようか。。。
posted by えとかみ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux de ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186752426

この記事へのトラックバック