2016年11月14日

PC-8801版白夜物語の攻略をしてみたけれど

既に攻略サイトあるわな、バカ正直にプレイする必要なかったかも。
アップロードしようか悩んだものの、バックアップを兼ねた参考資料としてひっそりと置いときます。

http://akifuyu.sakura.ne.jp/pc-8801/bm.htm

その当時から毎回プレイしようと思うも、正直さぶざぶしいギャグのせいでその都度やる気が失せて今まで放置。
ホラーアドベンチャーなのに「OH MY GOD! おけまへん。」とか言われてもね。。。
終始こんな感じだけど、さぶいギャグにさえ耐えれば意外とサクサククリアできた。
真面目に作ってればSPSのリ・バース並の良作即死ホラーゲームになった可能性はあったと思う。
タグ:白夜物語
posted by えとかみ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | PC-8801

知人からフィギュアもらった

先日、某知人から
「はたらく魔王さま!佐々木千穂 水着deてんてこまいVer.」
とか言うのをもらいました、ありがとうございます(^ω^)

でも、なんでくれるの?
と思ってよくよく見てみたら、サンダル部分が取れて台座にくっついてる状態。
更にサンダルを台座から取ってみると台座のピンが折れかかってるし。
ふむふむ、そういうことか。
おいらん家は人形の供養寺じゃないんですけど。

で、これどうしよう、と考えた結果修理しようということになりました。
こういうのを見るとプロモデラーの血が騒ぐわけないだろ、おいらはプロモデラーじゃないし。
プラモは昔作ってた、マクロスのモンスターが一番作りがいあった。
が、今となっては長いこと作ってないから初心者同然、数年前のロビはまた違うものだし。
ついでに手を出すとドツボにハマることが容易に想像できるのよね、本音を言えばMGハイゴッグが出たら手を出すかも。
本当は黙って直して終わる予定だったのだが、修理の結果このフィギュアあまりよろしくないので今回ネタにすることにした。
この記事書こうって思った時点でもう修理しちゃった後なんだけどね。

修理部材

今回修理に使った品。
左から、DAIS○の100円ピンバイス、1mmと1.5mmが付属しているが使うのは1mmのほう。
続いてやはりDAIS○のエポキシ接着剤、Bの硬化剤がシンナー系とは異なるヤバイ臭さなので注意。
満場一致で「これ髪が燃えた匂いだ!」となった、もっともおいらしかいないけど。
最後にホムセンで買った真鍮線0.9mmと耐衝撃アロンアルファ。
耐衝撃に惹かれた、これでダメならプライマーつきのほうがいいかもしれない。

台座・表

台座から修理、修理手順はポピュラーなやり方で模型初心者なおいらでも簡単にできる。
裏からピンバイスで穴開けた。
折れかけのピンが完全に折れないよう慎重に作業したらものの見事に折れました(´・ω・`)
うん、折れると思ってた、でもこれ自体は大した問題じゃないので普通に作業続行。
折れたピンに開けた穴に、先端にエポキシ接着剤を塗布した真鍮線を差し込み、台座側の折れた部分にも接着剤を盛って真鍮線で開けた穴に接着剤を押しこむようにして通しつつ、折れたピンを台座にズレないように接着固定。

台座・裏

台座の裏側。
画像じゃわかりにくいけど、強度を増すために接着剤を山盛りにして悪あがき。
この状態で24時間放置、その後はみ出た真鍮線をニッパで切断して多分台座の修理完了。

サンダル

で、問題は今回記事にするきっかけでもあるこのサンダル部分、足とサンダルは完全な別パーツでダボこそあれど接着固定されてたみたい。
台座修理後、サンダル未接着状態のまま試験的に台座にフィギュアを乗せてみると本体だけが倒れてしまう。
足の裏をよくよく見るとかかと側に固定穴はあるものの、台座のピンのほとんどがサンダルだけで固定されており足側の穴に届いてないし。
つまりこのフィギュア、本体の重量をこのサンダルだけで支えていることになる。

ウガーーーーーーーーー!!ヽ(`Д´)ノ
そうと分かってるんだったら、フィギュアの足側にも穴開けて真鍮線通して台座と完全固定したのにーーーーー!
なわけで、このフィギュアは足がかなり弱い。
衝撃がなくとも経年劣化でサンダルから足が外れ転倒する可能性あります、これから購入する気があるならこの点だけは要注意。

サンダル

エポキシ接着剤ではソフトビニールを固定できない。
ケチってこれで接着した結果、サンダルはあっさりと取れてしまった。
うん知ってた(´;ω;`)
こびりついた接着剤をせっせとカッターで除去するハメに。

で、耐衝撃アロンアルファで接着。
瞬間接着剤なので一発でズレないように且つやり直しがきかないため、何度か予行練習した上で実行するチキン野郎である。

修理完了

直ったぞーん。
くれた知人に写真見せたら、おめでとうと言ってくれました、わーいわーい。
で、今回最大の問題。
この方どなた?
おいらは古い人間なので、近年のアニメはよくわからんのですよ。
今現在おいらが最後に見たアニメのヒロインは多分プルルン、うん誰も分からないよね。
posted by えとかみ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月08日

Linux版Deus Exなんて出てたのね

ついでにMAD MAXも。。。
Macはともかく、なんでLinuxにまで出そうと思ったのか、びっくりだね。
しかし最低環境がGTX680なので門前払い、推奨は一応1060なのでさほどハードルは高くないがどっちかというとCPUのほうが問題。

素直に自作4号機を用意するか。
未だに頓挫してるけど。。。
posted by えとかみ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux de ゲーム

2016年10月29日

日本シリーズ終戦

(※2017年5月6・7日追記)
7日分の試合も観て、見事なくらい投手陣が崩壊してて笑えるレベルですなあ。
と、いうか無計画に中田・薮田両投手を酷使したツケが一気に来てる気がします。
そして完全に投手の育成に失敗してる気がします。。。

以下、6日分の書き込み。
新規の記事で書こうかと思ったけど、それほどのことでもないのでこっちに書いとく。
本日の試合が呆れるレベルだったので書くのだが……

現カープ首脳陣の悪い癖
6回辺りで投手が崩れても、なにがなんでも6回まで投げさせようと続投させ被害を拡大させた挙句に結局投手交代になるパターン。
特に本日のはデッドボール後四死球と傷を広げるだけ広げてから交代、もっと早く代えていれば被害は抑えられただろう。
更に同じ状況だと連続で同じ中継ぎ投手ばかり使い続ける傾向があるから更に被害を拡大させる。
一昨年の大瀬良、去年のジャクソン、今年は中田・薮田コンビが被害者状態。
最低6回投げきるのは先発の理想であるが、現実問題として6回で崩れるパターンも多いわけだからいい加減6回からでも中継ぎ投入させる覚悟すべきだと思うのだが。

やはりというか緒方監督は、頭が硬いというかなんというかで、自分が思い描いている勝ちパが崩れると対処できずに一気に崩壊するという悪い癖は全然見事にこれっぽっちも反省も改善もできていないみたい。
おいら的に本日の大量失点の原因は6:3:1で緒方監督の特大失策:岡田:中田の責任、という認識。
5回までは抑えてたわけだから岡田投手に全ての責任があるかというとそれも違うと思うしね。

(※10月31日追記)
職場の人たち曰く、負けると思ってた、な人が多かった(´・ω・`)
まあ5戦目でジョンソン出した時点で、多分ダメだろうなとおいらも思ってた。
それはさておき、改めて自分で書いたこの記事見ると偉く辛辣なこと書いてしまってる、これは反省。
しかしあの試合を見た時の頭が安西先生状態だったので許してほしい。

だがこれだけは言える、これはカープだけに限ったことではない。
阪神の161球なんかもだけど、観てて「選手かわいそう」と思えるような采配だけはしないでほしいということ。
去年の大瀬良、今年のジャクソンみたいな最終戦の使い方は選手にも球団にもマイナスにしかならない。

*以下追記前の記事

一言で表現できる。

(緒方監督が去年と)まるで成長していない……

安西先生もご立腹である。
シーズン全体から見れば、選手の調子がいい時に豪快に点を取る。
逆に調子が悪い時はとことんまで点が取れない。
だから調子がいい時は必勝パターンで普通に勝てる、多分監督が誰でも勝てる。
しかし調子の悪い時はいつものパターンで勝てるわけがないのだが、采配に柔軟性がなく必勝パターンにこだわり過ぎて負ける。
今年の広島はこんな感じだったと思う、たまたま選手全体の調子がよかったのでワンパターンな必勝パターンやってたら優勝してしまった。

しかし短期決戦では監督の資質が要求される、特に日本シリーズでは、
調子が良くても悪くても田中を1番で固定、とにかく固定、これは菊池・丸も同じで好不調に関わらず1〜3番がひたすらワンパターン。
調子が悪く打たれてるにも関わらずジャクソン→中崎の必勝パターンをゴリ押し連投し大炎上。
謎の5戦目ジョンソン投入、おいらは有利で且つ移動日含めて十分休養させられる6戦目に投入すると思ってた。
と、意味わかめな采配が多かった、これでは負けるべくして負けたと言わざるを得ない。

最後に、日本ハムファイターズ優勝おめでとう!
そして緒方監督はもう監督辞めてほしい、ってのが本音、多分辞めないだろうが。
勝ち負けの問題じゃない、ジャクソン・中崎の無理無謀な連投で試合が壊れれば去年の大瀬良と同じで下手すると選手自身も壊れる。
そんなことをまたも繰り返した緒方監督は、監督失格と言わざるを得ない。

*追記
酔った勢いでこんな記事を書いたものの、日本シリーズにおいて一つだけ分からないことがあった。
そもそもなんで5戦目にジョンソンを出したのか、である。
当初は7戦目にもう一度黒田出して(実際のところどうかは別として)勝たせて劇的優勝+黒田有終の美を飾る、とかいう壮大な計画をあのオーナーから言明されたのかな言い出しそうだな、とか邪推していたもののなんだかおかしい。
5戦目がジョンソンとするなら6戦目は野村、現状貴重な表ローテのどちらかを犠牲にしないとこの計画は成り立たないし、1戦犠牲にするなら5戦目にジョンソン出す意味ないしズムスタの6戦目を負け試合にするのもおかしい。

どうせ日曜だし、と今夜はサタデーナイトとか言いつつ一晩中L4D2のバイオ2modプレイしながら真剣に考えた。
本当に真剣に考えてたかって?小さいことは気にすんな。
以下、おいらの勝手な想像。

緒方監督は2連勝の後、本気で4タテ優勝するつもりだったんじゃないかな、と考える。
しかし札幌ドームで監督的にまさかの2連敗、3タテされるのを恐れ結果を急ぐあまりせめて札幌ドームで1勝するために焦ってジョンソンを無理矢理投入したのではないか。
この性急な行動といい頑なに守る必勝パターンといい、頑固と書いたが恐らく緒方監督の性質は「小心」なんだと思われる。
小心だからこそ性急な行動を取りがちだし、確実に結果の出るパターン以外の手は怖くて出せない、と考えると1〜3番を頑なに固定するのも分かる気がします(でもこれじゃ次代の1〜3番が育たないよ)。
気持ちはわかります、ええおいらも同じようなもんだし。

でもそんなおいらでも、さすがに5戦目ジョンソンはありえない。
5戦目は捨て試合にして6・7戦目で勝負すれば結果は多少変わったかもしれない。
この無理な投入の結果ジャクソンまで酷使して大惨敗、去年の大瀬良同様ジャクソンのメンタル面が心配なところ。
どちらにしても緒方監督は監督向きな人ではないな、というのが正直な今回の日本シリーズの感想。

ちなみに、酔った勢いとか書いたがあれは嘘だ。
なんで嘘ついたよ、とか言われても困るのですけども、まあなにかの勢い。
このブログのおっさんは酒飲めません、ブラックコーヒー・麦茶・烏龍茶ばっかり飲んでます。
でもこの記事書いてた時はモン○ターエナジー・ウルトラ飲んでました。
posted by えとかみ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月15日

広島東洋カープCS制覇おめでとう

と、素直に喜べないくらいグダグダな試合。。。
なにがどうなったら0-6が7-8になるんだYO!
いや観てたから知ってはいるんですけどね。。。
最初から接戦ならまだよかったんですけどねえ。

こんなんで日本シリーズ大丈夫かいな。
posted by えとかみ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月06日

PC-8801版死霊戦線の攻略チャート

その当時からプレイする度にクリアできず放置してきたPC-8801版死霊戦線。
攻略サイトも見当たらず、だったら自分で作ってしまえと本腰を上げて数年前から作ってた。
やっとこさクリアできて更に幾度となくプレイして検証した結果できた攻略チャート。
作ってはみたもののいつまでも放置状態だったので、いい加減公開することにした。

PC-88版死霊戦線・攻略チャート
http://akifuyu.sakura.ne.jp/pc-8801/wotd.htm
PC-88版死霊戦線・地下坑道マップ(※要等倍フォント)
http://akifuyu.sakura.ne.jp/pc-8801/wotdmap.txt

攻略自体はフラグの追い方のみです。
問題はHTMLを作ってる最中、色々右往左往した結果カオスになってしまってる点。
Raspberry PiのEpiphanyかLinuxのFirefoxでしか表示確認してません。
正しく表示できない場合があったら教えてもらえると対処できるかも。
但しInternet ExplorerとEdgeはWindows使ってないので無理、同様にSafari等Apple系も無理。
Windows2000使ってた頃は可能な限り多くのブラウザに合わせてたんだけど、今となってはねえ。。。
おいらはウェブ屋じゃないので、ここいら辺は仕方ないと諦めて。

ついでに愚痴。
もともと一度クリアし、次にプレイするときは楽にクリア出来るようにするのが目的で作ったんですけど、既に一生分プレイしたような気がします。
世界観は好きなんです、ストーリーはもう少し捻りが欲しいかも。でもね、
もうちょっとエンカウント率が低ければ。
もうちょっと戦闘が面白ければ。
もうちょっとフラグ管理が緩ければ。
そしてもうちょっと戦闘BGMが良ければ。。。
いやBGMは世界観に合ってると思ってはいるんですけど、あのエンカウント率で延々とあれ聴かされるとさすがにうんざり、何十回と検証プレイをしているとこれが一番きつかった。
アンサガの戦闘BGMみたいなのだったらモチベーション保てるんだけどねえ。。。
結局検証中はミュートにしてポケモンのバトルフロンティア聴いてた、あれ作業用BGMとしては最強。
他にはゼノブレイドの機の律動や戦極姫の凍星や飛翼も非常によろしい。
戦極姫はプレイしたことないけど、どこぞのKOTYeのせいでCD買っちゃったとか言えないよね。

今から死霊戦線やるならPCエンジン版お勧め。
バグがひとり歩きしてるけど、少なくともPC-88版と比べれば普通に遊べるゲームに完成されてる。
持ってないから分からないけど、スプライト使えるMSX2版のほうはPC-88版よりはマシなのかな?
posted by えとかみ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レトロゲーム

2016年09月22日

ELECOM TK-FCP080BKをLinuxで使う

サブPCに使ってたロジクールのK230で入力してると、やたらとプチプチ切断されて


な感じでこりゃあかんわ、と仕方がないから有線キーボードを用意することに。
しかし手持ちに余りがないので、更に仕方がないから買ってきた。

ELECOM TK-FCP080BK

エレコムのTK-FCP080BK、税込み2,500円弱、ぶっちゃけアマゾンの方が安い。
使用するPCのOSはFedora 24、Windowsモードなら普通に使える、Macモードだと知らん。
薄くて軽い、軽いがどちらかというとスカスカな感じ、更に見た目のチープさも相まって、百均で売ってても違和感感じないくらい安っぽい見た目。
しかしパンタグラフ式キーボードなので入力した感じは決して悪くない。
同時押しにもそれなりに強い、PC-88エミュレータ+ソーサリアンでテンキー2つ+ZX同時押しでも問題なく認識する、K230はこれがダメだった。
薄型でキーストロークが浅いキーボードが好みで見た目に拘りがなければ十分お勧めできると思う。
見た目を犠牲にして機能を取ったキーボードと考えれば問題ない、が標準価格8,230円と考えると見た目ももうちょっと頑張れよとも思えてしまう不思議。

しかしそうでないのなら、同じ価格帯のiBuffaloのBSKBC02BKのほうが個人的にはお勧め。

*おまけ
買ってきたお店は、開店早々のビックカメラでした。

駅前

左がCブロック、右がBブロックのビックカメラ前。
いつの間にやら駅前の目の前だけ大都会に。。。
しかし少し奥にいくといつもの光景に戻るところに限界を感じる。
ズムスタ付近まで再開発しないとどうしようもない気がします。
個人的には80年代の廣島百貨店があったころの終わってる感のほうが面白いんですけど。
グラディウス(というかバブルシステムの例のあれ)を見るためだけに、この辺にあったゲーセンの開店直後を狙って行ったなあ、とどうでもいいこと思い出しました。

広島たん

で、こんなのもらった、ティッシュとうちわ。
ティッシュは健全な成年男子の必需品です、年間消費量はうなぎ登りです。
しかしこのブログのおっさんは歳には勝てず不健全なためティッシュの年間消費量は無限小への一途を辿っています。。。あーあ
posted by えとかみ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2016年09月10日

\(゚∀゚)/神ってる!

広島東洋カープ優勝おめでとうっ!
そして9日で逃げずに堂々と直接対決した巨人にも拍手っ!
黒田と新井のアラフォーコンビが男泣きで抱き合ってるのを見て目頭も熱くなり、
優勝直後ミクスペリアなSO-04Eで撮影してた人が映っててほっこり。

なにがどうだってね、おいらのオカーチャンが死ぬまでに優勝観られてほっとしています。
もちろんおいらも歳だしね、同年代でも脱落者が出てるからね、明日は自分の番かもしれないから死ぬまでに優勝観られてよかった、というか観られると思ってなかった。
25年目で優勝とみせかけておいて更におかわり25年、とか正直考えてました。

さーて、広島駅前ビックカメラ開店で、お安くなるかならないか、うふふ。
posted by えとかみ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月28日

Miku WeatherのアイコンをWeathernowスタイル化

SO-04EのMiku Weatherが更新されなくなった後、代替アプリとしてWeathernowにMiku Weatherの画像を移植すればいいらしいと聞きました。
聞いたので、せっかくだからやってみた。

Weathernow
(※画像をクリックすると拡大できます)

こんな感じになった。
「曇のち雨」とか書いてある部分は画像に直接文字を入れてます。
26px程度の大きさで入れたがギリギリ判別できる感じ、もう少し大きくてもよかったかな。
まあ、気になる部分はあるけど一応目的は達成できたし、これでまあいいか。
一番いいのはMiku Weatherをアップデートしてもらえることなんだけど。
欠点としては、画像が小さめに表示される、「のち」と「時々」は画像側でなんとかするしかない、雷系の画像は使用不能で雨天時必中、くらい。
以下自己責任な作り方、当たり前だが全てをスマホで完結させるのはお勧めしない。

*その1
Miku Weatherのapkを手に入れる、ファイル名はMiku Weather_com.mikuxperia.mikuweatherwidget.apk。
本体からぶっこ抜くなりどこかから拾ってくるなり。
ぶっこ抜く方法は、apk+抽出とかでググること。

*その2・ここが一番めんどい
apkの正体はzipファイル、普通に解凍。
res/drawable-nodpiの中に目的の画像は入ってる、用があるのはtenki_〜なファイル名のもの。
画像を全て1:1のサイズに変更してpngで保存、おいらはgimpでせっせと276x276にした。
更に加工がしたい場合はひたすら頑張る。

*その3
おいらが作ったやつのテンプレートを用意してみた。

http://akifuyu.sakura.ne.jp/blog/binary/weathernow_miku_base_v0.1.zip

当たり前だがこれに画像は含まれていないし、著作物である以上含めることはできない。
解凍するとstyleディレクトリ以下とxmlファイルが作られる。

https://sites.google.com/site/noxihome/weathernow/style/v2_1/image

上記URLの公式サイトにあるbgimage_sample.zipを拾ってきて、中のbgimage_sample/default以下にあるディレクトリ内の画像を全てstyle/img内に解凍。
更に、

https://sites.google.com/site/noxihome/weathernow/style/v2_1/xml

の下のほうにある天気アイコンの表を見ながら先に作成した画像を当てはめる。
おいらの用意したものを使う場合、晴れ=00.png、晴れ時々曇=01.png、雪のち晴れ=42.pngという感じでアイコン番号と同じファイル名をつけること。
できたアイコン画像もstyle/img内に全て保存。

全部できたらstyleディレクトリから階層を保ったままzipで保存、やり方は圧縮ソフト次第。
linuxだとstyleディレクトリの上で、

$ zip -r -9 miku_weather.zip *

な感じで圧縮可能。

*その4
できあがったファイルをスマホに入れる。
Weathernowを起動し設定からアプリスタイル→スタイルの管理で追加。
スタイルの管理とホームウィジェットビューアの「スタイルの適応」からスタイルを選択。
ウィジェットを4x2で作成して直後の設定でスタイルを設定、反映されていれば完了。
タグ:SO-04E
posted by えとかみ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

2016年07月08日

夏暑い

暑いので余計な熱源増やすまいと、Raspberry Pi 2を有効活用しようと考えた。
しかしストレージ容量の都合有効活用できないので、

SDCZ43-128G

こんなの買ってみた、Sandisk SDCZ43-128Gの並行輸入品。
結論から書くと、激しくお勧めできない。
USB2.0の時点で発熱が半端ない、USB3.0で運用すると洒落にならなさそう。
Raspberry Piの性質上小型のUSBメモリが使いたかったが、この容量でこのサイズだとさすがに無理があるっぽい。
買ってしまった以上はしばらくヒートテストを続けるつもり、夏越せなかったら一夏の淡い思い出とあきらめて、それなりな大きさのUSBメモリを買い直そう。

ついでに付属のキャップをつけると外すのが大変なくらいキツキツ。
抜けない時は、キャップの両サイドを強く抑えつつ引き抜くと抜きやすいかも。
タグ:Raspberry Pi
posted by えとかみ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン